読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駆り立てるのは野心と欲望、横たわるのはコスメ 

30代主婦がいつまでも若々しさを保つために色々調べた美容情報を書いています。

本日も突然ですがマイナス5歳肌を保つ方法の要点を書いてみる。

「美容液は高価なものだからほんの少量しか使えない」と言っている方もおられますが、栄養剤の役割を持つ美容液をケチって使うなら、当初より化粧品を買わない主義になった方が良いかもしれないとすら思ってしまいます。

基礎化粧品の中でも美容液と聞けば、高い値段でどういうわけか上等な印象を持ってしまいがち。年代が上がるにつれて美容液に対する期待感は高まってくるものの、「贅沢品」とか「まだ早い」などと最初の一歩を踏み出せない方はたくさんいると言われます。

原則的に美容液とは、美容や美肌に効果のある成分を濃縮して、高い濃度で入れた抽出物で、絶対手放せなくなるものといったものではないのですが、肌につけると次の日の肌のハリ感や瑞々しさの大きな差に唖然とするはずです。

一般に「化粧水をちまちまと使っても効果はない」「贅沢にバシャバシャと使うのが一番」という話を聞きますね。それは確かなことであってつける化粧水の量は控え目よりたっぷりの方がいい状態を作り出せます。

コラーゲンという化合物は、人間や動物の身体を形成する何よりも一般的なタンパク質であり、皮膚、骨、軟骨、靭帯、血管など全身の様々な部位に存在して、細胞や組織を支えるための架け橋のような重要な役割を担っていると言えます。