読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駆り立てるのは野心と欲望、横たわるのはコスメ 

30代主婦がいつまでも若々しさを保つために色々調べた美容情報を書いています。

今日も、すべすべ素肌方法についての考えを綴ってみます。

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

元来ヒアルロン酸は人の体の中の至る組織に分布している、ヌルっとした粘り気を持つ液体を指し示しており、生化学的に表現すればムコ多糖類と呼ばれるゼリー状の物質の一種であると言えます。

現在に至るまでの色々な研究の結果、胎盤から抽出されたプラセンタにはただの栄養素としての多くの種類の栄養成分ばかりではなく、細胞が分裂する現象をうまく制御する成分がもとから入っていることが公表されています。

美容液というのは肌のずっと奥まで行き渡って、肌を根本的な部分より若々しくしてくれる栄養剤です。美容液の嬉しい働きは、普通の化粧品ではなかなか到達しない肌の「真皮」の層まで適切な栄養成分を運ぶことだと言えます。

美白化粧品を利用すると肌が乾燥気味になるとよく言われますが、今では、高い保湿効果のある美白用スキンケアもありますので、乾燥が不安な人は騙されたと思って使用感を確かめてみる価値はありそうだと感じます。