読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駆り立てるのは野心と欲望、横たわるのはコスメ 

30代主婦がいつまでも若々しさを保つために色々調べた美容情報を書いています。

本日もくだらないですが、美容関連を書いてみた

石鹸などで顔を洗った後は何もしないでいると化粧水が肌へしみこむ割合は低下します。また石鹸などで洗顔した後がもっとも乾燥が悪化するので、潤いがなくならないうちに肌を乾燥から守る保湿成分の入った化粧水をしみこませないと乾燥してカサカサ肌の原因になってしまいます。

保湿によって肌の調子を整えることで、紫外線の吸収を最小限に制御し、乾燥が元凶である多くの肌問題を、この他にはニキビの炎症が肌に残った跡が色素沈着を起こす危険性を事前に防御してもらえます。

肌が持つ防御機能によって潤いを保とうと肌は努力しているのですが、その優秀な作用は年齢とともに低下するので、スキンケアによる保湿で必要な分を補充することが重要です。

よく見かけるコラーゲンとはタンパク質の一種であって、グリシンプロリン、ヒドロキシプロリンなどのアミノ酸が集合体となって構成されている化合物を指します。身体の組織を構成するタンパク質の約3割強がこのコラーゲンという物質によってできているのです。

顔に化粧水を塗布する際に「手でつける」方がいいという人たちと「コットンを使う」派に分かれているようですが、実際にはその化粧水のメーカーが積極的に推奨する間違いのないやり方で使用してみることを第一にお勧めします。