読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駆り立てるのは野心と欲望、横たわるのはコスメ 

30代主婦がいつまでも若々しさを保つために色々調べた美容情報を書いています。

今日も気が向いたのでふっくら素肌ケアの要点を書いてみる。

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

毛穴をどうやってケアしているかを尋ねたところ、「収れん効果のある化粧水などを使って対処している」など、化粧水を重要視して日常的にケアをしている女性は全回答の2.5割前後にとどめられることとなりました。

保湿の一番のポイントは角質層に適度に水分が保持されていることです。保湿効果のある成分が贅沢に入っている化粧水で角質層を水分で満たし、プラスした水分量が飛んでしまわないように、乳液やクリームなどを使ってオイル分のふたをしておきましょう。

皮膚組織の水分以外の約70%がコラーゲンに占められ、皮膚組織の骨組みの隙間を満たす形で繊維状に存在しているのです。肌にハリや弾力を与え、シワやたるみのない若々しい肌を保持する真皮の部分を構成する最も重要な成分です。

コラーゲンを多く含む食品を意識的に摂取し、それによって、細胞と細胞が強くつながって、保水することが叶えば、ふっくらとしたハリのあるいわゆる美肌が作れるのではないでしょうか。