読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駆り立てるのは野心と欲望、横たわるのはコスメ 

30代主婦がいつまでも若々しさを保つために色々調べた美容情報を書いています。

今日も、年齢に負けない素肌を作るケアについての考えを綴ってみます。

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

赤ちゃんの肌がプリプリに潤って弾力のある張りがあるのはヒアルロン酸を多量に体内に保有しているからに違いありません。水を保持する力に非常に優れた成分であるヒアルロン酸は、しっとりと潤った肌をしっかりと保つ化粧水や美容液などに効果的に利用されています。

プラセンタというのはもとは英語で胎盤を指しています。化粧品やサプリなどで最近よくプラセンタ高配合など見かけたりしますが、これ自体臓器としての胎盤のことを指すのではないので怖いものではありません。

皮膚組織の約7割がコラーゲンによって作られていて、細胞と細胞の間にできる隙間をしっかりと埋めるように繊維状もしくは膜状に存在しているのです。肌のハリや弾力を保持し、シワやたるみのない滑らかな肌を守る真皮層を形成するメインの成分です。

ヒアルロン酸の水分保持能力の件についても、セラミドが角質層で効果的に肌の保護バリア能力を働かせることができれば、肌の保水機能が向上して、より保ち続けることが可能です。