読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駆り立てるのは野心と欲望、横たわるのはコスメ 

30代主婦がいつまでも若々しさを保つために色々調べた美容情報を書いています。

今日もいまさらながらハリのある素肌ケアについて書いてみた

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

天然の美容成分であるヒアルロン酸は細胞同士の間に多く含まれていて健康な美肌のため、保水効果の持続であるとか衝撃を受け止めるクッションのような効果を見せ、全身の細胞をガードしています。

美容液には、美白とか保湿のような肌に効果的な美容成分が高い濃度になるようにブレンドされているせいで、通常の基礎化粧品類と見比べてみると商品の値段もいささか高価になります。

ヒアルロン酸の量は乳児の頃に最も豊富で、30代以降は一気に減るようになり、40代になると赤ちゃん時代と比較してみると、5割ほどにまで減少が進み、60歳代になると相当の量が失われてしまいます。

加齢が原因となる体内のヒアルロン酸含量の低減は、肌の若々しさを大きくダウンさせるばかりではなく、肌全体のハリも奪い辛い痒みのある乾燥肌やシミ、しわ発生のもと になる恐れがあります。